里芋どら焼き

つぶあん(通年)

宝月が素材と製法にこだわりぬいた「里芋どら焼きつぶあん」。
小豆は北海道十勝産の高品質大豆使用。小豆を一晩蜜漬けし、ふっくらと炊き上げます。柔らかい甘味が口いっぱいに広がります。

ゆず(12月~2月末)

日本最古のゆず発祥の地「埼玉県毛呂山」のゆずを皮ごと使用。

爽やかな柚子と白あんの絶妙なコンビネーションは冬の贈り物や、暖かいお茶のお供に喜ばれます。

ピーナッツ(通年)

粗挽きのピーナッツバターを白あんに練り込みました。挽きたてのような

ピーナッツの濃厚な風味を、里芋入りの生地がふんわりやさしく包みます。砂糖に頼らない自然の甘味が心をウキウキさせます。


所沢の里芋

 所沢の里芋は生産量約3800トン・作付面積151haで、県内第1位です。埼玉県全体でも生産量は千葉県・宮城県に続いて全国第3位ですが、特に所沢産の里芋は高級料亭にも出荷されるなどブランド価値も高いです。落ち葉堆肥を活用した特有の土壌を生かして、他の産地にはない独特のぬめり・ねばりがあり、非常に味が良いと高い評価を得ています。

 

長年にわたり生産者が優良な種芋を厳選・確保しつつ、安定した出荷を行っており、食味、形状ともに京浜市場や小売店でも高い評価を受けています。